M&Aによって企業と企業を仲介してもらうことで事業の拡大を図る

選ぶ前に

会社

M&Aの仲介コンサルタントを選択する際は、まず過去の実績とマッチング力を調べる必要があります。専用の公式サイトに記載されているので確認して契約に移っていきましょう。

もっと見る

契約の流れ

男女

M&A仲介の企業を利用する際に、クライアントと今後の流れを確認して成功報酬の契約などをまず行っていきます。そして様々な企業とマッチングをした際に優良な企業を選定していきます。そして、双方の意見が一致すればマッチング成功となるのです。

もっと見る

仲介手数料の内容

サラリーマン

M&Aを仲介する企業に依頼する際にまず、相談料として手数料が発生します。そして着手金、成功報酬という仲介手数料もかかります。M&Aの企業によって相談料を無料にするなど、近年ではM&A企業の価格競争が激化しているのです。

もっと見る

事業継承の利点

ビル

M&Aが仲介して会社を継承される事例が近年と増えています。中でも親族や役員または従業員への事業継承をする方が多いのです。しかし、M&Aを利用する企業には、事業を任せられる器の人間がいないことや親族の中では皆が別の仕事を行っており継ぐ気がないなどの後継者問題があるのです。そこで、M&A仲介業者はその企業と企業をつなぎ合わせる役目として今活躍しているのです。M&Aを活用して会社に買い手がついた場合は事業継承する形をとり、事業は存続されることが可能なのです。また、たとえ後継者がいたとしても経験が未熟なものに任せるならすでに会社を経営してる実力のあるオーナーに引き継いでもらうことで安心できると考える方もいるのです。M&Aは企業と企業を結ぶためのサポートを行っており、今までに何件もの事業継承を行ってきました。事業継承を行った際に、買収企業の事業の拡大に対して規模自体が大きくなるのです。自分の会社が大きくなることに関して喜ばしいのは当たり前です。こういった後継者問題をかかえた近年の時代背景の中でM&Aは着実に顧客を増やし、年々利用する企業が増えてきているのです。M&Aで事業を譲渡した以上は完全に仕事からリタイヤすることが可能になります。個人保証や担保提供などからも解放されるので、肩の荷が下りることでしょう。以前までは、長男が家を継ぐという伝統的な考え方がありましたが、昨今ではその考え方がなくなり個人の働き方に多様性が出つつあるのです。これからもM&Aの需要は増加し、事業継承が当たり前の世の中に突入することでしょう。